忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何十年目の東京だろう...

友のお見舞いに東京に出かけることになった。当地から遠い。飛行機は大嫌いである、がしかし忙しいから仕方ない。手に汗握り乗る。1時間の旅。15両編成の電車に乗る。単行キハに慣れ親しんでいる者にとって長い長い! 京急仲木戸から横浜線に乗り換える。そうだこの先には青梅線も近いはず....。なぜか東京タワーに登ったことがない。やっとこの日念願がかなったのでした。ひとり夢中になり展望台にむかう。その昔「東京タワーショウ?」というテレビ番組放送があった。コロンビアトップ、ライトさんと松任谷久仁子(漢字がこうだったか曖昧)さんが出ていた。この番組が田舎の私にはとても東京が大都会に見えいつかここに行ってみたいと今までずっと思わせ続けるのだった。タクシーを拾い浜松町駅に向かう。足立なんとかタクシーと書いてある。「おおここは東京だ」と妙に感心する。



ここもいつか行きたいと思うところだった。「鉄博」である。そうだここに行くには「東北本線」に乗るのだ。でも何かすべての雰囲気が違う?何だろう?電車のドアが家電製品の冷蔵庫のドアに見えるというのかコンビニのなかにある金属製のドアにも似ている。トラックが横からドンっと当たればぺしゃんこになる不安な気がする。軽い、鉄道でない、家電だ!


展示の0系新幹線に入る。向こうに同年配のご夫妻がいる。シートに座ってみる。ちょっとだけ若い昔に帰った気持ちになる。


わたしのここでの一番のお気に入りはC57でもEF58でもない。オハ31である。昔々記憶の中にある車輛に似ている。ダブルルーフにガラスが入っていてなにか仏壇と抹香くさい感じがする。ガラスの大きな電灯が付き窓の隙間から煙が入ってきた.....。「次は地蔵橋~!」と車掌が言う声が聞こえてくる.....。引っ張る機関車はいつも86かC11だった。宮沢賢治の銀河鉄道の夜がダブってくる.....。別の車輛に「ジョバンニ」と「カンパネルラ」が乗っているかもしれない..........

帰路またもや大嫌いな飛行機の客となる




PR

九十九里鉄道キハの色は難しい

一度前回参考にした色を塗ってみたがどうも違う、緑と黄色味が強くぱっとしない。そこでスカイブルーを入れてみた。このほうが模型には映える気がする。やはり形もそうだが同じに作ってはだめなのかもしれないと思う。少しばかり艶がありすぎて新車になってしまった。

忘れ去られてゆく線路跡....春

今年は少しばかり遅い桜の開花であった。この国鉄廃線跡の桜並木も満開になった。右手の歩道上にあった線路にキハや86、C58などが頻繁に走っていたのはもうずっとずっと昔のことになる。お天気が良いと妙に無常感がわたしの心に高まってくる。駅前で元気に働いていた人たちももういない。そしてこの歩道が何であったかも知らない人が多くなってしまった....。忘れ去られてゆく線路跡....春。



タイフォンを付け直す

後ろも換えます。ガラス越しに運転手さんの横に子供を乗せてみたいですね(楽)


どうしても気になっていたタイフォンを付け直しました。Mr.カラーの焼鉄色にしましたがいったいどんな色が多かったのでしょうか?根元のところの構造がよくわからないので適当にやってしまいます。


タイフォンを作り直す

タイフォンのかたちが気に入らないので作り直します。ほんとうは貝殻のかたちのようなものが二つ付いているのですがこの方が好みなのでこちらにします。成形するときルーターの回転速度を速くしすぎるとプラ材料なのでぐにゃっと変形してしまいます。慣れるとと楽しいです。

 


カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R