忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆかいな仲間たちにも乗ってもらいました!

たのしいいな~!



監督さんたちが安全を確認してくれました。こんどはゆかいな仲間たちに乗ってもらいます。ちょっとひとやすみ、今日はお天気が良いので咲きかけた桜を見に行きましょうか....。Gゲージ(わたしはそう思い込んでいます)はゆる~くたのしいお友達!
PR

野村組工作所製風に完成したボサ箱を牽かせる

まずは監督さんたちだけで安全確認です。さあ出発!



人間ならお見合い写真ってところでしょうか(笑)。ちょっとカッコよく撮ったつもりです。なにせGゲージは図体がでかいので庫が狭くなってきて困っています....。










ボサ箱を牽かせてみます。いつもの仲間たちも全員乗ったかな?あれっ、亀さんがいない、わんこは眺めるほうが好きなようです。監督さんもたいへんだ(汗)

台車を塗ってみたそしてほぼ完成か...

横からも写します。どんぶり鉢の頭も見え隠れして楽しそうです。もうすぐお出かけしましょうね!




皆さん載ってくれたのですが如何せん、小さい方ばかりのようで頭しか見えません。内側ではワイワイガヤガヤ賑やかそうです。




台車はナットが落ちないようにボンドで止める。もっとまともなものを使えと言われそうですがこれで代用します。




ひっくりかえして台車を付けた。梃子は当たらない様になったので安心。補強鉄板とボルトなど付ける。ブレーキシューと小関式の梃子連動装置は面倒なので省略(笑)




台車の色がどんなだったのか?魚梁瀬で見たものは茶色かったように思う。結局濃い茶色にしてみた。実際はこれも汚れて土色になっていたのではないだろうか。色を塗るとなんだかいい感じになってきたなあとまた自己満足!上のはボサ箱の補強鉄板の部品とボサ箱裏のセンターピン?です。


ボサ箱を塗ってみた

やっぱり木はいいなあ~。




いつものアクリル絵の具をつかって木製部分を塗ってみた。床板の部分の切り口が綺麗に仕上がっていないのが目立つようだ。色は泥にまみれた感じにしてみたのですが....。横に「土木」とか「奈運」とか書いてみてもよいですね。


ボサ箱はやはり木製で作ります

最近この方がたいそう活躍してくれています。ちょっと体格もいいですから良い仕事してくれそうです。内側にこんな補強の支柱が入っているようです。




ぼくは何故か落ち着くのです(笑)。




ボサ箱はプラ板でとも思ったのですがここはやはりGスケールなので木製で作ります。なんといっても近所のホームセンターに行けば即材料がそろいます。6mmの床板にします。ドライバーの先で溝を入れますが縦横どちらに板が貼られていたのでしょうか?


カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R