忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gゲージの連結器を取り換える

そうしてこんな日本型貨車となりましたというのかなったつもりです。ほんとうは後ろのデッキ部分の手摺を西大寺のワボのように板張りにしたかったのですがこれもいいかなとそのままにしました。おじさん後ろのドアから中に入ろうとしていますがこれ開かないのです....。


窓にはすりガラスを入れます。透明プラ板にグレーを吹き付けます。塗料を硬めにしたものを距離を離してうっすら向こうが見えるくらいに吹きます。


このように下からニョッキリと出ることになります。連結器の中心高は20mmあたりとなります。ちょうど上のフレームと連結器の棒がすれすれ1mm程の隙間があることになります。


鉄格子みたいなのが入っているので取っ払います。前方の窓は薄板で目隠しです。軽便ですから何でもアリです。


これは以前に改造したLGBの郵便車という貨車です。これを手始めに連結機器を「改結?」していく予定です。実物と同じような朝顔形というのでしょうか、これこそ軽便の醍醐味ですから。日本の軽便の中でも比較的近代的なものではこの連結器でないのがありますが魅力半減です。思い切ってプラ用ニッパーでカットします。どちらかというと塩ビの感じに近いので鋸で引くよりこの方が楽です。心配なことは実際にうまく連結走行ができるかやってみないとわかりません。
PR

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R