忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

韓国軽便鉄道水仁線の写真が少しばかりあったので追加してみた

数枚の写真を追加 右にページへリンクあり→
 
googleの地図で水仁線の痕跡を探してみる。蘇莱周辺は現在とんでもない高層ビルの並ぶ街になっているようだ。
PR

ホームページ 韓国軽便鉄道水仁線乗車記を再掲載する

以前に作った水仁線のホームページをそのままに眠らせておくのももったいないかと思い編集し直して再掲載してみた。(右リンク部にあり)

どこかにまだ写真があるかもしれないので探してみよう... ('' )( ,,)

SONDGDOとは松島のことでした

SONDGDOは松島のことでした。南洞と書いたけれどこれは途中駅のことのようです。いずれにしても最初に行ったのが松島だったのでした。動画サイトを探してみると結構現役時代の水仁線の様子があるようです。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=KkJrr06L8YQ
ちょっともの悲しそうな音楽が郷愁を誘います.....

ttp://www.youtube.com/watch?v=zDA1F35ThXU
これも良く雰囲気が出ています

水仁線の時刻表

SONDGDO(南洞)発になっているのですが実際は蘇來からしか列車は出ていませんでした。それにしても1日に3往復しかなかったのです。水原で本線に入ってきた機関車と比べるとこの時ばかりはなんとも小さく可愛らしく見えた気動車でした。そして帰路、標準軌の広々とした急行列車の中で少し寂しい気持ちになったことを想いだします。


これを見ると松島が入っている。しかしこの時点では列車は通っていないのでした。でもよく見るとほとんど日本人でも読めるのではないでしょうか。ほんとうに近い国なのだと思います。


この時刻表を見ると1994年になっている。水仁線が廃止されたのが1995年いっぱいとのことなのでその1年前の夏ということとなる。たしかソウル駅で購入したと記憶している。日本語の案内所があると聞いていたがカタコトの案内さんしかいなく困ったのでした。現在ソウル駅は新駅になっているはず。

ちょっと腰かけてみる...

水仁線は旧路線の一部も利用して現在新しくなって存在するらしいですね。この気動車に乗って水原まで行きましたが駅を降りてもどこから出てよいのか...?ひっそりしたホームで誰もいない。なにか忘れられかけている感じのところでした。気が付くと外に出てしまった。とりあえずここからソウルまで「ムグンファ」で帰ることにした。懐かしい塗色がする車輛である。

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R