忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

阿佐海岸鉄道の切符が出てきた

写真のネガを整理していたら阿佐海岸鉄道の薄っぺらな切符が出てきた。平成9年のようだ。へき地のトンネルだらけ、それなのにりっぱな高架鉄道。おまけに海岸鉄道というもののたいして海も見えない.....。何とか赤字が無くなる方策はないだろうか?
PR

なんとか生きながらえている阿佐鉄だが

これは現在も頑張る生え抜きのASAー101。高千穂鉄道からやってきたASA301とともにいろいろなイベントなど工夫しながら運営されている。あれ以来訪れていないのだが地方新聞やテレビで放映される短いニュースでそのことが度々伝えられる。だがこの鉄道には正直なところこれといった見どころもないのである。やたら軌道ばかり立派なのだが.....。阿佐鉄のホームページを開いてみた。こんな記事が載っている。

その一部です☆☆☆

記 念日 貸 切 列 車 募 集
阿佐東線では記念日貸切列車の運行を始めました。
あなたの何かの記念日に列車を貸し切って、車窓からの風景を独占してみませんか!
通常よりもゆっくり走行したり、運行区間も相談に応じます。また、ヘッドマークも応募
者ご自身でデザインすることもできます。
(1) 応募方法・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
※お気軽にお電話ください。お待ちしております。

とまあこんなことが書いてある。それに料金もそれほど高くない!一寸したおこずかいで自分専用の列車が楽しめそうである!

"生き残れ阿佐海岸鉄道"

余談:高千穂鉄道から無償譲渡された車両は現役時代の塗色にできないものだろうか....。そんな思いからちょっと尋ねてみたのですが今のところそのような予定はありませんとのことでした。あの「ラッピング」は少々残念な気がするのは私だけでしょうか......。

?~キーボードの調子がわるい (..;) 

阿佐鉄にも乗ってあげなければ.........

徳島県と高知県の境、南のはずれ、ちいさな小さな8.5kmしかない鉄道、トンネルばかりの鉄道、......これを読んでそれじゃついでに乗ってみようというかたがあるとよいのだけれど.......



テーブルの上にちょっとお酒のグラスでもあればいうことない感じだ。残念なことにこの車両が事故を起こし再起不能になり廃車されてしまったのである。ただでさえ経営が苦しいのに何とも気の毒な話であった。こうしてあらためて写真を見るとほんとうに何とか頑張ってほしいと思う。徳島県には私鉄がない、電車がない、まことに寂しい事情柄せめて第3セクターの鉄道であるが存続してほしいものである。


牟岐線の「特急うずしお」で海部駅に降り立ったところの風景であろう。これが後になって貴重な写真になるとは思いもよらなかった。写真の気動車はASA-200形「あさしお」なのである。車体中央部、サロン風に座席がありわたしと友は嬉しくなってここに陣取ったものだった。


もうこの鉄道が開業して20数年にもなるだろうか.....。
あいかわらず営業不振から脱却できずにいる。

わたしがはじめてここを訪れたのは記録によれば開業5日目の日であった。あいにくの小雨降るさっぱりしない日であった。(開業は1992年3月24日のはずである)
結構物珍しさもあってたくさんの人たちが集まっていたのを覚えている。もちろん地元の子供やおばさんたち、たぶん都会からやってきたのではないかとみられる鉄道マニアも多くいた。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R