忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

牟岐線、今日のお昼時線路際風景

「.....細々ではあるが、曲線区間を中心に重軌条化、PC枕木化が進んでいる。...」とウィキペディアだったか書かれていた。
お昼どき線路際にコンクリート製の枕木がたくさん置かれていた。向こう奥は南小松島駅。確かこのあたりは元々簡易線扱いのはずだ。それと四国内は丙線以上の規格はなかったそうだ。土讃線に一時D51を入れたことがあったという。ところが線路が重さに耐えられず結局使い物にならず中止されたことがあるらしい。険しい地形とカーブが多く無理だったのであろう。現在はこのあたりもレールを見るとかなり立派に見えるので「50kもの」が使われているのかもしれない。ただ路盤が脆弱なようにもみえる。阿南までは頻繁に185系、47、40、1200系、1500系と田舎にしては賑やかである。この中で1500系はどうも電子機器系統のトラブルが多く総括制御もしっくりいかないものがあるそうで頭の痛い車輛らしい。座席数も少ないのも弱みのひとつか.....。

昔、いやもっともっと昔と言ったらよいか、ここが阿南鉄道と呼ばれていたころ雨宮製作所製の2軸ガソリンカーキハ101が運行されていたようである。アルモデル雨宮2軸ガソリンカーA(阿南キハ101)という製品も出ている。親父が存命中面白おかしく「急な坂が来たらお客は降りて後押しした...」とか本当か?よく話していたものだ。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

トラックバック

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R