忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木材を運んだ昔のお話

今日年配のあるかたとお話したのですが、このかたは昔木材の切り出し運搬のお仕事をされていたそうであれこれと面白い搬出方法を教えてくださいました。ただこの方の働いていた場所は魚梁瀬からひと山越えた所のことなのですが...。丸太を一本ずつ小さな支流から流し大きな筏にする作業や、また雨の降りそうな具合にあわせて丸太を支流の岸に集めてロープで留めておくコツ、思いがけない大雨で集めた材木が流されてしまい散々な目にあってしまったりすることも天気予報のまだしっかりできなかったころの苦い思い出など面白く話してくださいました。昭和の30年代中ごろまではダムもなくみな筏で下流の製材所まで運んでいたものです。自転車を筏にのせ帰りはこれで帰ったそうです。また途中の町には料理旅館などたくさんあり筏師が派手に遊んだということでした。そして上勝には森林鉄道が走っていたということも話されていました。この鉄道は後の徳島県知事になった原菊太郎氏の父親の原伊代次氏が中心になってはじめられたということでした。そして高知に豊富に森林資源が有ったためか営林局があり四国の営林署を管轄していたそうです。それ以上の詳しいことは聞けなかったのですが終戦間もないころのなつかしい風景を思い起こすかのように嬉しそうに話していただけました。このころは下流の製材所にはどこにも構内に500~600mmほどの軌道が敷かれ木材を運ぶのが普通に見られたものでした。いまでも工場の片隅にトロッコがひっそり眠っているかも知れませんね...。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R