忍者ブログ

ブログ Gのyume

Gゲージの軽便鉄道や森林鉄道など自作日本型鉄道模型を中心にしています。DCCサウンドにも取り組んでみました。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デコーダーに放熱板を付け、ライトを作る


いつもながらライトが泣き所です。今回は1,5mmのプラ板を何層にも重ね貼りあわせプラ用ニッパーであらかた形をとり後はルーターで成形しました。そしてこのように下からLEDをいれたのですがこれは失敗、長軸方向でないと綺麗に光らないのに気が付いてやはり後ろから入れることにします。やり直したので汚くなっています(涙)。


このようにデコーダーに放熱板を付けました。放熱用の両面テープがありますのでこれを使います。しかしなんでこんなにリード線が沢山あるのかいつも疑問に思いながら使っています...。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

デコーダーに放熱板、その効果は如何ですか? 有効なら素晴らしいアイデアと思います。サウンド系はかなり発熱する製品も多いですから。

Re:無題

>デコーダーに放熱板、その効果は如何ですか? 有効なら素晴らしいアイデアと思います。サウンド系はかなり発熱する製品も多いですから。
こんにちは。放熱版ですが今のところ当鉄道のG車輛の全てに付けてありますがこれがどれほど有効かということについて実証できていません。HO用のものは1A少々の電流値が限度ですが普通に運転していて今のところなにも問題は起こっていません。たとえば展示場での長時間の運転などした場合はどうなるかよくわからないところもあります。運転後にボディーを外してどの程度熱が発生しているか見てみたいところですが....。G用のモーターで長編成急こう配ではちょっと不安かも知れませんね。

  • gensansfantasy
  • 2013/07/05(Fri.)

トラックバック

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[06/23 Bigboy]
[11/24 bigboy]
[07/05 Bigboy]
[05/17 星利一]

プロフィール

HN:
gensansfantasy
性別:
男性
職業:
人間
趣味:
鉄道、音楽、空想
自己紹介:
60代の遅れてやってきた「鉄」

バーコード

ブログ内検索

P R